佐藤一貴が経営するペットショップの場所はココ!!事件の詳細を調査!!

子ども連れの家族旅行を装ってアフリカのケニアから覚醒剤を密輸したとして夫婦が逮捕されました!!横浜地検では25日付で34歳の妻を不起訴処分にしたと発表しました。
二人は横浜市でペットショップを経営する佐藤一貴容疑者(43)と妻の夏美容疑者(34)であり、今月5日家族旅行という名目で言っていたケニアから帰国した際の羽田空港で、覚醒剤およそ30キロをコーヒー袋に入れて偽装して密輸したとして逮捕されたものです。このうち、妻の夏美容疑者について横浜地検は、25日付で不起訴処分にしました。横浜地検は、不起訴処分とした理由を明らかにしていません。一方、夫の一貴被告(43)について横浜地検は、覚せい剤取締法違反などの罪で起訴しました。

スポンサーリンク



二人が働くペットショップはココ!!

神奈川県横浜市中区上野町1-34-1 マンション1F

Pet Hotel&Salon 「COTTY」であるとされています。

利用者様からの声として…

この度は
大変 お世話になりました

(*^^*)

ゲージの中もとても
清潔で広々とした お部屋の中で
2匹 安心してる様子が
感じとれます (*゚∀゚*)

お散歩も とても
ステキな場所へ
連れて行って下さり

嬉しそう

という声も寄せられていました。※一部抜粋です。

わかっていること

・佐藤一貴容疑者と妻の夏美さんが家族旅行を装い、覚せい剤を密輸したとされている
・しかし25日付で妻の夏美さんは不起訴となっている
・密輸した覚せい剤の量は30kg(約18億円相当)
計6回ほど密輸しており、同じ手口であった
・運び屋として引き受けたようで、報酬は400〜1000万円程度
・飲食店で知り合った男から運び屋の話を持ちかけられた
会社の借金返済のために行なっていた
・子供は二人で、最近では兄にあたる中学生の子供は一緒に行くことはなくなっていた

世間の声

何度も成功してた。ってことに驚き。氷山の一角ですね。

外国で逮捕されるべきだったと思いますね。
日本で覚せい剤の密輸で無期懲役なんてあるの?

30kg密輸で妻は不起訴とかどうかしてる
子供はこんな親でも慕うんだろうけど
離れた方が幸せかもしれない。

何故不起訴?知らなかったってことはないでしょう。

まとめ・感想

妻は不起訴になったとのことですが実際にはどう言った経緯だったのかは明らかにされていません。
気になりますよね・・・。
それにしてもお子様たちがかわいそうですね。
一部では覚せい剤の受け取りのため、子供たちはケニアに行ってもホテルに缶詰状態で何もできず「キリンやライオンも見たことない」と話しているそうです。
子供たちにどう説明しているのでしょうか;;
もちろん妻である夏美さんは不起訴になった以上、これらを知らなかったということなのでしょうけど、夫の言動に疑問を持たなかったのでしょうか??
まだまだ気になる点がたくさんありますね;;
子供たちの成長に多大な影響を与えてしまったことは間違いないのではないでしょうか…しっかりと罪を償って欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする