山本祐大捕手(京都翔英出身)が未成年飲酒で厳重注意!!メール通報にて事態が発覚!!

横浜DenAベイスターズの山本祐大捕手が19歳という未成年でありながら飲酒をしていたことが発覚して厳重注意処分となりました。
山本祐大捕手の出身学校やプロフィールを調査、メールにて発覚したというその経緯についてニュースをまとめました。

スポンサーリンク



事件概要

DeNAは31日、山本祐大捕手(19)が未成年にも関わらず飲酒していたと発表した。8月28日深夜、一般人から「山本選手と思われる人が飲酒をしていたのを見た」とメールで通報があった。翌29日に本人に確認したことろ、事実を認めたという。球団は厳重注意と、今季中の外出禁止処分を下した。

遠征先の甲子園球場で報道陣に対応した三原一晃球団代表は「青少年の模範にならなけれいけないのにも関わらず、ファンの方々、関係者のみなさまにご迷惑をおかけして心よりお詫び申し上げます」と謝罪。聞き取り調査の結果、今年4月以降に過去に3度、首都圏の飲食店で飲酒していたという。いずれも相手は球団関係者ではなく、成人だった。

山本はBCリーグ・滋賀を経て昨秋のドラフト9位でDeNAに入団した。19日の広島戦(横浜)では、代打でプロ初打席初本塁打を放った。

外出禁止処分は下したが、チームの練習には参加し、試合にも出場する。球団は今後、飲酒に関する研修・講習の内容を見直し、再発防止に向けて注意喚起と教育を徹底する。
(引用:Yahooニュース)

山本祐大選手のプロフィール


(引用:横浜DeNA)

■名前:山本祐大

■生年月日:1998年9月11日(19)

■出身地:大阪府大阪市

■身長/体重 180cm/78kg

■ドラフト2017年 9位

■出身高校:京都照英高校

2017年シーズンの開幕から1ヶ月遅れての入団にもかかわらず、入団後にポジションを捕手に戻すと、持ち前の強肩を武器に正捕手の座を確保したという実力の持ち主です。

当初、NPB球団への入団を目標に、高校からの卒業後に中部学院大学への進学を予定いたそうなのですが入学前に参加した同大学の野球部の練習で「ここ(中部学院大学)ではNPBを目指せない」と感じて入学を急遽断念したうえで高いレベルの練習環境を求め、2017年からベースボール・チャレンジ・リーグへ加盟したばかりの滋賀ユナイテッドベースボールクラブへ、シーズン途中の5月に入団したそうです。

そうして2017年のNPBドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから9巡目で指名を受けました。
この時の条件は契約金1,700万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団だったとされています。

山本祐大選手の飲酒発覚はメールだった!?


上記にも記載してありますが、28日の深夜に一般人から

「山本選手と思われる人が飲酒をしていたのを見た」

とメールで通報があったそうです。

この件を山本祐大選手に確認したところ飲酒を認めたということで今回の厳重注意今季中の外出禁止処分となったそうです。

山本選手は今年の9月11日で20歳となります。
あとちょっと飲酒も可能だったのですが、それまで待てなかったのでしょうか・・・。
未成年は未成年ですから、やはり反省をしなくてはいけない部分ではあるかなと思います。

世間の声

え!?
試合出るの??

ちょっと甘いんじゃないの?
DeNA-本人のためにもここ無期限出場禁止。ユニフォーム着用禁止くらいやらないとねー

試合出しちゃダメでしょ
今井はタバコだけどそうだった

甘い甘い

甘くないかなあ、20歳以下の飲酒は未成年者飲酒禁止法に制定されている違法行為、本人に直接な法的罰則はないけど、管理者責任は発生するわけで、球団は厳しい処分をすべきだと思う

これはアウトでも意外と処分軽いね?

まとめ・感想

世間では今回の処罰が軽すぎると感じる方も多いようですね。
確かにファンからしたら裏切られた感じもありますし、まだ若いうちに厳しい処罰を受けて次は絶対しないようにと反省させるひつはあるかなと思います。
ただもちろん飲んでしまった山本選手も悪いですが、一緒に飲んでいた方達から勧められたりしたのかもしれませんよね。
その方も同罪かなと思います。
しっかりと反省して結果で見せて欲しいなと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする