内田正人の無罪の理由がやばい!?危険タックルは監督指示なしとして立件見送りに炎上か!!

日大アメフト部の元監督内田正人監督が悪質危険タックルを支持したとされる問題で、警視庁は内田正人元監督の指示した事実は認められないとして判断していたことがわかりました。
あれだけ世間を騒がした事件ですが内田元監督は無罪なのか!?
日本の司法はおかしい??
立件見送りに炎上騒ぎに!!
ニュースをまとめました。

スポンサーリンク



報道内容

日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、警視庁が、傷害罪で刑事告訴されていた日大の内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチについて、宮川泰介選手に対し相手を負傷させる危険なタックルをするよう指示した事実は認められないと判断したことが12日、関係者への取材で分かった。警視庁は近く刑事告訴に基づき傷害容疑で2人を書類送検するが、東京地検立川支部は2人の立件を見送るとみられる。

宮川選手については、試合の動画解析などから傷害の実行行為を認定し、書類送検する。ただ、関西学院大の被害者側から寛大な処分を求める嘆願書が出ており、地検支部はこうした状況を考慮して最終的な処分を決定するとみられる。日大の第三者委員会と関東学生アメリカンフットボール連盟規律委は宮川選手の証言などを基に、内田氏らによる危険なタックルの指示があったとしていた。

アメフットのタックルなどスポーツ上の行為は、ルール内であれば正当な業務による行為とされ、相手が負傷しても違法性はない。捜査では、宮川選手に対して「相手を潰せ」などとした指示内容が、正当業務行為の範囲を超えていたかが焦点となった。

警視庁は捜査1課の殺人事件担当や課内のアメフット経験者、競技場を管轄する調布署員らからなる特別捜査チームを編成。アメフット部の関係者や競技の専門家ら約200人から事情聴取したほか、試合を複数の角度から撮影した動画を解析。記者会見などでの関係者の発言についても裏付け捜査を行った。

その結果、宮川選手に対し、2人が相手にけがをさせるよう仕向けた言動は確認されなかった。「潰せ」という言葉も「強いタックル」などの意味で一般的に使われており、ルールを逸脱し、相手を負傷させることを意図したものとはいえないと判断した。

宮川選手は記者会見などで「けがをさせるのが目的で、監督やコーチの指示だった」と説明。内田氏らは「反則やけがをさせることを意図した指示はしていない」と否定していた。
(引用:Yahooニュース)

内田正人元監督プロフィール


(引用:Yahooニュース)

■名前:内田正人

■出身校:日大豊山高校出身/日本大学

■職業:元日本大学理事/元日大アメリカンフットボール監督

自身も学生時代にはアメリカンフットボールに打ち込んでいたという監督。
現在は一職員を皮切りに保健体育事務局庶務課長、保健体育事務局長、人事部長、理事、常務理事などの要職を歴任してきた日大にとって欠かせない存在となっていました。
今年5月に起きた日大の危険タックル問題での騒動をきっかけに辞職をしています。

スポンサーリンク



問題となった日大アメフト部の危険タックルはこちら

事件は5/6の日大と関西学院大学の定期戦で行われてました。
アメリカンフットボールではタックルはもちろん、プレーの一環としてありますが、今回はパスを終え、明らかにボールを持っておらず力を抜いた瞬間を狙って、日大選手が関学の選手にめがけて思いっきりタックルをしたとされています。
タックルをされた瞬間の画像がこちら▼

アメフトのタックルの定義として、アメリカンフットボール協会では

タックルとは手または腕を用いて相手側のプレーヤーを掴んだり抱え込んだりすること
(引用:日本アメリカンフットボール協会)

としています。
そもそもタックルとはボールを持った選手に行うものであり、その上でもいくつかルールが存在します。

※不用意にタックルをしてはいけない
・ボールキャリアではない選手に対して不用なタックルは禁止されている。
・不要なタックルに関するものは主に以下のケースである。
・レシーバーがパスされたボールにタッチする前にレシーバーをタックルする
・フォワードパスが明らかにレシーバーに対して短かったり(アンダースロー)、またはレシーバーを超えてしまうパス(オーバースロー)であるときに例sーバーをタックルする。
・明らかにアウト オブ バウンズになったボールキャリアにタックルする
・フェアキャッチした選手にタックルしてはいけない
(引用:日本アメリカンフットボール協会)

となどです。
しかし今回に関してはもはやボールを持っておらず、明らかにプレーには関係ないタックルでした。

無罪、書類送検の立件見送りの理由は!!

今回内田元監督と井上元コーチの書類送検に関しては警視庁が「指示をしたという事実は認められない」として立件を見送りにしています

ちなみに事件を起こしてしまった当本人である宮川選手に関しては動画解析などから事実関係を確認し書類送検する予定となっています。

今回内田元監督が立件見送りとなった理由については
♦︎事情聴取や動画解析では怪我をさせるように指示をした事実を確認できなかった
♦︎「潰せ」という言葉も「強いタックル」などの意味で一般的に使われており、ルールを逸脱し、相手を負傷させることを意図したものとはいえない
と判断
としています。

・捜査1課の殺人事件担当
・課内のアメフット経験者
・競技場を管轄する調布署員
・アメフット部の関係者
・競技の専門家
など200人から事情聴取を行い、

試合を撮影した複数角度からの動画を解析したとされています。
また記者会見などの発言も裏付けを行なったとされています。
ちなみに内田元監督と井上コーチの会見の様子はこちら▼

また今回の判決を経て

解雇は不当で無効だとして提訴していることがわかりました。

本当にすごいですね・・・
あれだけ叩かれ、あれだけ色々言われたのにまだ地位にこだわり戻ってこようというのでしょうか??
本当に何も変わらず何も反省していないのですね。。。
今回事実の照明が難しかったのでしょうけれどこれではあまりにも好き放題にさせっぱなしなのではないでしょうか・・・。

ネットの声は炎上か!!

今回の判決を経てネットでは驚きの声が上がっています。

日本の司法はおかしい所が有ると思っていたがそれが確信になった。アレが何ら無問題なら関学の選手が負った怪我、日大の選手の心の傷等は一体何だというのか?蚊に刺された程度の事案だというのか。
異常だよコネのある奴や立ち位置が上層に属している連中だけ逃れる社会。司法後進国日本。

怪我をさせるタックルの直接的な指示は無かったが、そう誤認しても仕方が無い状況に追い込まれていた。…という判断だと認識してたけど、それは犯罪行為にはあたらないの?
まして、怪我をさせた後に再び行為に及ぶまで、止めるどころか労ってるけど。
直接指示がなくとも、あいつ邪魔だな、怪我すれば次の大会楽になるな、誰か潰してくれないかな、やる気のある奴なら使うのにな…みたいな事を延々聞かされたら、ある意味洗脳みたいなもので、障害行為に及ぶ事も有りうると思うんだけど、教唆とかの罪には問えないもんなの?
立件が難しいじゃなく、指示無しと判断したってのが腑に落ちない。

こりゃヤバイぞ️
同じような事が起きないようにするのも司法の役目ではないのか️
ならば、指示が無かったなどと判断したら…

明らかに指示あったでしょう。またもや上からの圧力かよ。この男はもう世間から干されているので再犯の可能性はないけど、司法の間違った判断は第2の内田を生む伏線になるぞ!

完全に裏から手が回ったな。内田絡みや日大絡みの人間が警視庁にいないはずもないだろうし。
警察だと権力に揉み消される。
是非司法の場に持って行って欲しかった事件。

選手が個人的に自らの意思のみでやったと
この国ではパワハラはやったもん勝ちってことか

これでは宮川選手が浮かばれません。例え関西学院大の被害者側から寛大な処分を求める嘆願書が出ていても、試合中に直接指示がなくとも、試合前から宮川選手を追い詰めていた事には変わりないんじゃないでしょうか?
警察庁って日大関係者が多い?

過去の判例などと照らして勝てないと判断したんだろうけど、これは世間が黙ってないだろうね。
内田と井上がここで名誉毀損などで逆襲してくるとは思えないからこのまま沈静化する気がするが、体育会系のパワハラは消えないだろうね。

まとめ・感想

これは本当に納得がいかない判決ですよね。
確かに証明するのは難しいのかもしれませんが、それにしてもこれでは何も変わらないですよね。。。
ここ数ヶ月はスポーツ協会のパワハラが増えていますが、このままでは何も変わらない状況になってしまいますね;;

こちらも同じ事件の記事です▼
内田正人の日大提訴はシナリオか!?田中理事「半年後内田を戻す」の真相がやばい!!

内田正人(日大アメフト監督)は解任が妥当!?悪質タックル選手や被害を受けた選手を調査!!

井上コーチも共犯か!?日大悪質タックル組織ぐるみのパワハラ!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする