高千穂殺人事件自宅場所を特定!!次男による無理心中の可能性も!?

宮崎県高千穂町押方の民家で6人の遺体が発見されるという痛ましい事件が起こりました。
事件場所とされるのは飯干保生さんの自宅だとされています。
高千穂殺人事件の事件場所を特定!!
次男は自殺!?無理心中の可能性も!?

事件をまとめました。

スポンサーリンク



事件概要

26日午前10時20分ごろ、宮崎県高千穂町押方の農業、飯干保生(いいほし・やすお)さん(72)方に電話した県内在住の親族から「連絡がつかない」と県警に通報があった。午前11時すぎに駆け付けた県警高千穂署員が、屋内で男性3人と女性2人、屋外で女性1人が倒れているのを見つけ、6人全員の死亡が確認された。うち5人は飯干さんとその家族とみられる。県警は、複数の遺体に外傷があることから殺人事件とみて捜査を開始した。また、現場近くの川で性別不明の遺体が見つかった。同居している次男の行方が分かっておらず、関連を調べている。
県警などによると、飯干さん方は妻実穂子さん(66)▽会社員の次男(42)▽次男の妻美紀子さん(41)▽次男の長男で建設会社従業員の拓海さん(21)▽次男の長女で小学2年生の唯さん(7)--の6人暮らしで、亡くなったのは次男以外の5人と、飯干さん方を訪れていた男性とみられる。捜査関係者によると、複数の遺体に刃物によるとみられる傷と出血があった。

一方、民家から北東に約2.5キロ離れた道の駅「高千穂」近くの神都高千穂大橋の駐車場に飯干家の車が無人で止められており、橋から約100メートル下を流れる五ケ瀬川で遺体が見つかった。現場の状況から自殺の可能性が高い。行方が分かっていない次男の可能性があるとみて調べている。

捜査関係者や近所の住人などによると、次男の家庭内トラブルを巡り、25日夜に次男の知人男性が飯干さん方を訪れていたという。亡くなったのは、この男性の可能性があるとみて身元の確認を急いでいる。
(引用:Yahooニュース)

事件のあった場所を特定!!

事件があったのは飯干保生さんのご自宅だとされています。

(引用:NHKニュース)

こちらのニュースの動画を元に自宅場所を探して見ました。
するとこちらの箇所が該当することがわかりました!!

少し影になってしまっていて見えにくいですが、本当に静かな山奥といった感じですよね。
ここでまさか遺体が発見されるとはご近所の方もさぞ驚きだったでしょう。。。

この家には
♦︎飯干保生さん(主) 72歳
♦︎実穂子さん(保生さん妻) 66歳
♦︎昌大さん(保生さんの次男) 42歳
♦︎美紀子さん(次男の妻) 41歳
♦︎拓海さん(次男の長男) 21歳
♦︎唯さん(次男の長女) 7歳

こちらの6人で生活していたようです。

スポンサーリンク



動機は次男の無理心中か!?

今回、親族から「電話に出ない」という要請を受けて警察が向かったところ
屋外に女性1名
屋内に男性3名、女性2名
の遺体を発見したとのことでした。

このうち5名は次男以外の自宅に住んでいる家族だとされており、
残りの1人は次男夫婦の喧嘩の仲裁に入っていた知人男性という情報がありました。

また近くにある「神都高千穂大橋」では欄干下115メートルを流れる五ケ瀬川で男性の遺体が発見されています。
この橋の付近では次男の昌大さんのものと思われる車が止まっていたとのことで現在身元の確認を急いでいるようです。

神都高千穂大橋


(引用:Google)

これは次男の昌大さんである可能性は高いですよね。
まず夫婦喧嘩の仲裁で知人が入っていたということですからなにか家庭内に問題があったのではないかと思われます。
話し合いがうまくいかず、無理心中を図ったという可能性もありそうです。
それにしても幼い子供まで巻き込んでしまい自殺とは本当に悲しすぎる事件です。。。

ネットの声

十中八九犯人は判明だが、これほどの大量殺人を犯す動機が問題だ。

一家心中ですかね。
子供さんまで手にかけてしまって
悲しいですね。

横溝正史を思い出した。穏やかな環境、一家に何があったのだろう。人間の心の闇は深く怖い。

子供まで…ってとこが恐ろしい。とにかく殺したい!っていう強い殺意があったみたい。
いつから連絡が取れなかったんだろ?

子どもも含めて…
無差別殺人ですね。。。
気の毒でなりません。
亡くなった方のお悔やみを申し上げます。

胸が痛むな、

まとめ・感想

本当に恐ろしい事件ですよね。
一体家族に何があったのでしょうか・・・
全員亡くなってしまい状況を知る人がいなくなってしまいましたが、
原因を明らかにしてほしいですね。。
本当に幼い命までなくなり悲しすぎます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする