真田かよ子の顔画像は!?介護10年で疲れた…息子の首を絞めて殺害

徳島県鳴門市大津町の自宅で真田かよ子容疑者73歳が息子の首を絞めて殺害するという痛ましい事件が起こりました。真田容疑者は難病を患う息子の修志さんの介護を10年ほど続けていたとされており、介護に疲れたと話しているようです。真田容疑者の顔画像は!?事件の内容についてまとめました。

スポンサーリンク



事件概要

徳島県鳴門市大津町の自宅で難病を患い身体が不自由な次男の首をロープで絞めて殺害したとして、鳴門署は7日、殺人の疑いで母親(73)を逮捕した。母親は「介護に疲れた。病気が進行する次男の将来が心配だった」と容疑を認めているという。県警は介護疲れから犯行に及んだとみて調べている。

逮捕容疑は、7日午前0時すぎ、自宅1階の居室のベッドで寝ていた次男(49)の首をロープで絞め、殺害したとしている。
(引用:Yahooニュース)

真田かよ子容疑者プロフィール

■名前:真田かよ子

■年齢:73歳

■居住地:徳島県鳴門市大津町

■職業:会社員

現在真田容疑者の顔画像は公開されていません。
ご年齢的にもSNSなどはやられていないかと思いますし該当する人物は見つかりませんでした。
73歳という高齢で男性を介護し続けるのは本当に大変でしたでしょうね。。。
また会社員とされていることからお仕事もされていたのでしょうか・・・。
本当に大変な思いをされていたと思います。

事件が起きた場所は??

事件が起きたのは徳島県鳴門市大津町にある真田容疑者の自宅とされています。

(引用:FNN PRIME)

この家にはかよ子容疑者と夫、修志さんと3人で住んでおり、長男も近所に住んでいたと言います。
事件発覚時にはかよ子容疑者の夫が修志さんのぐったりした様子を見て、近所に住む長男に連絡。
意識や呼吸がないことを長男から119番通報があったとされています。

誰にも相談ができる状態ではなかったのでしょうか??

夫や長男も修志さんの状態に気づいたり駆けつけてくれている様子を見ると、これはあくまでも予測ですが、介護を手伝ってくれたり協力しているような状況が目に浮かびますが、実際はやはりかよ子容疑者の負担は大きかったのでしょうか・・?もちろん負担だけの問題でなく今後自分がなくなった後などの息子の将来が心配だった面もあるのかもしれません。。。

ネットの声

息子さんは10年程前から難病を患い、最近は体の自由がきかないとの事だったので、ほぼ寝たきりだったのでしょうか…ALSなどの神経難病は体が動かなくても意識はクリアなので、母親に介護されている息子さん本人も相当辛かったと思います。
悲しい事件です

何とも言い難い。
介護を続けたところで、
この次男の将来が明るいものだったかというと
誰が考えてもそうは言えない。
その難病とやらの治療法が確立されない限り、
こういう事件は起こりうる。
そしてこういった難病とやらは
世の中に一つじゃないんだろう…
何とも、難しいね

なんとか助けられる方法はなかったのかな。
国から補助が出ても、苦しかったのかな。悲しいニュースです。我が子を自分の手で。しかもこの歳まで頑張って育ててこられたなら尚更のこと。

介護って、気力、体力、金銭を奪うと思う。
ある意味介護するほうも、病気寸前だと思う。
こんなこと、二度と起きて欲しくないけど、これからも増えそうな気がする。
国は真剣に考えなきゃならないよね。

なんて悲しい事件なんだ…。こんな事が起こらない社会になって欲しいと、心から願います。

自分も老い先長くない。その後、息子がどうなるのか、不安な毎日だった事でしょう。
介護の負担を少しでも減らせるような対策はないものだろうか?その為に税金が上がるのならば、構わない。

まとめ・感想

本当に悲しい事件ですよね。
息子さんがどんな病気であったかわかりませんが、10年以上介護を続けていて相当精神的にも肉体的にも追い込まれた状態だったと思います。
もうご自身も高齢ですし、自分に万一のことがあった時、息子をどうしなければいけないのか考えていたのかもしれませんね。。。
息子さん自身ももしかしたら辛い思いをずっとしていたことをよく知っていたのかもしれません。
愛情がなければ10年も介護を続けて面倒を見ることはできませんよね・・・。
本当にこういう事件がなくなることを祈りたいです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする