【埼玉県久喜市】法務局勤務の大輪好二、恐喝容疑で2度も逮捕!!事件詳細について調査!!

事件の概要

小学校の教員から現金を脅し取ろうとしたとして、東京法務局の職員の男らが逮捕されました。職員の男は、今年2月にも恐喝未遂の疑いで逮捕されています。
恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、東京法務局の職員・大輪好二容疑者(56)と飲食店店員・長谷川壮平容疑者(29)です。
2人は今年2月、埼玉県久喜市の小学校で教員の男性(54)に対して「17年前の卒業式の日に先生に殴られた」「穏便に済ませる方法があります」などと言って、現金42万円要求し、脅し取ろうとした疑いが持たれているようです。
警察によりますと、長谷川容疑者は男性教員の元生徒で、大輪容疑者とは勤務先の飲食店で知り合ったとみられるということです。
東京法務局は「法を遵守すべき立場にある法務局職員が重大な罪状で再逮捕されたことは、誠に遺憾である。国民の皆様にお詫びする」などとコメントしています。
大輪容疑者は、弁護士から現金を脅し取ろうとしたとして、東京地検特捜部に逮捕・起訴されていました。

スポンサーリンク



わかっていること

・犯人:大輪好二/長谷川壮平
・大輪好二容疑者は法務局勤務であり、法務局訟務部上席訟務官という役職
・長谷川壮平容疑者は飲食店勤務
・被害者は久喜市の小学校に勤務している男性で、長谷川容疑者も同校の卒業生である
・大輪好二容疑者は2月にも弁護士から金をだまし取ろうとした疑いで逮捕されている

世間の声

最近、役人の犯罪が多いと思ったけど、今は表に出易いだけで、昔から色々やらかしていそうだよね。

よりによって法務局の職員て…国会での問題も含め、今の時代、何を信じていいのか…常に疑ってかかる生き方が正解なのか…こんな時代に誰がしたのやら。

2度目の逮捕、起訴ならば、間違いなく懲戒免職でしょう。
ちょっと法律を知っているからといって、調子にのりすぎたね。

法務局の職員が恐喝?
世も末だな。
そもそも、30歳近い男が小学生のときに叱られたことを覚えていて、20年後の今さら恐喝のネタに使うとは。
しかも、叱られた理由は覚えていないって、、、

まとめ・感想

法務局員が恐喝で2月に起訴されていながら、まだ仕事を続けているということも驚きですし、29歳の男性が今更小学校のことをネタに恐喝してくるのも疑問しかありません;;
殴られて後遺症が残ってしまったとかならまだしも・・・。
「穏便に済ませる方法があります」ってドラマの中の話だと思っていましたwww
なんというか悪いことを考える人はいるものですね。
それにしても世間の声でもあったのですが、29歳飲食店勤務の男性と、56歳法務局の男性・・・一体どこで出会ってそいういった企てをするまでの仲になったのですかね。
そこもきになるところです。
きちんと反省して罪を償って欲しいです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする