災害時の子供の簡易オムツ 女性の簡易ナプキンの作り方!!トイレ問題が深刻に…【拡散】

6日3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、北海道で最大震度6強を観測しました。
大規模土砂崩れも発生しており現在もまだ北海道全域で停電が続いています。
災害が起きても生理現象は止められません。その中でも深刻な問題となるのがトレイ問題!!
今回は子供(赤ちゃんの)簡易オムツの作り方と女性用の簡易ナプキンの作り方を調べました。

スポンサーリンク



報道内容

6日午前3時8分ごろ、北海道の胆振地方で震度6強の強い揺れを観測する地震があった。
FNNの調べでは、これまでに130人以上がけがをしている。

また、北海道警などによると、36人の安否がわかっていない。

札幌市役所によると、市内では、これまでに87人がけがをしているという。

また、苫小牧市で82歳の男性が階段から転落して、一時心肺停止の状態だったが、その後、一命をとりとめた。

また、別の80歳の男性も、階段から転落して骨折の重傷。
厚真町でも、男性1人が骨折している。

震度6強に見舞われた安平町では、3人が軽傷だという。

千歳警察署によると、この地震で、新千歳空港内で2人、恵庭市内で2人が軽傷。
また、由仁町役場によると、2人が軽傷を負ったという。

FNNの調べでは、これまでに137人が重軽傷を負っている。

震度5強を記録した札幌市の住人は、「3時半くらいだと思うんですけど、急にガタガタと音がしだして、何だろうと思ったら、ガラスや窓も全部すり寄せるような音で、横揺れがすごい音鳴らしながら始まった。それで目が覚めて、20秒から1分近く、何が何だろうという状態で家の中にいました」、「(停電は?)今は札幌市内が見える高台ですが、真っ暗です、街の中は。停電中だと思います、札幌市内は」と話していた。

一方、厚真町では土砂崩れが起きている。
確認されているのは、朝日地区、吉野地区、富里地区、東和地区、幌内地区、本郷地区など、少なくとも6カ所。

中には、数百メートルにわたって崩れている場所もあり、5軒以上の住宅が巻き込まれているとみられる。

6日午前10時半現在、救助活動が行われているが、道警などによると、これまでに36人の安否がわかっていない。

※9/6 10:47現在
(引用:Yahooニュース)

子供・赤ちゃんの簡易おもつの作り方

幼い子供はトイレを我慢できませんし、いざオムツがないからと行ってそのままでいさせるわけにも行きません。
簡易オムツがあれば少しでもそのもんだを和らげることができるかもしれません!!

【用意するもの】
■スーパーなどのレジ袋
■タオルや古着など水分を吸い取れるもの
■ハサ

【作り方】
1、レジ袋の持ち手と、両脇のマチを切って縦長に開く

2、中央にタオルなどを切って敷く

3、赤ちゃんの体に合うように、上下の持ち手部分をくるくる巻いて調節する

4、紙おむつと同じように、簡易おむつの上に赤ちゃんを乗せて、左右の持ち手を腰の位置で結ぶ


(引用:もしもマニュアル)

女性用ナプキンの作り方


【用意するもの】
■タオル・ハンカチ
■ティッシュペーパーや残り布

【作り方】
1、タオルハンカチをひし形に置き、両側を下着の幅に合わせて中央に折り込みます
2、タオルハンカチの中に、ティッシュペーパーや余り布を入れます


(引用:もしもマニュアル)

トイレ問題は深刻


大きな災害時には復旧の優先順位として電気→ガス→水道と行った順番で回復していくため水道が利用できない場合はもちろんトイレも利用ができません。

1週間で断水を解消できたのはわずか5割ほどの止まり、1週間以上はトイレなしの状態で過ごさなければいけません。
しかしながらそれだけの長期間トイレを我慢するということはできませんよね。
阪神淡路大震災の時には避難所に汚物の山ができておりトイレパニックという言葉が生まれてしまったほどでした。

汚物がそのままにされているのは衛生状況的にも精神的にもよくないですよね。
こう行ったことを考えるとやはり簡易トイレは必需品になるかと思います。
災害は突然のことなので、もちろん準備しておいたほうがいいのですが、何も準備できていなかったという場合には上記のような簡易トイレを試して見てください

まとめ・感想

北海道地方にお住いの方ぜひ一人でも多くの方がご無事に救出されることを祈っております。
土砂崩れで未だ安否の確認が取れていない方々もとても心配です。
まだまだ余震が続く可能性がありますのでくれぐれもお気をつけください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする