大城あい盗聴JFLサッカー監督は大貫啓一!?犯人の前科や被害状況がやばい!!

人気ファッション雑誌「姉ageha」のモデルとして活躍中の大城あい(30)が、都内の自宅で悪質な盗聴被害に遭っていたことが明らかになりました。大城さんを盗聴していたのはJFLの元サッカー監督のX氏50代だとされていました。犯人の監督を特定!?前科や被害状況がやばい!!
事件の状況について調査しました。

スポンサーリンク



事件概要

人気ファッション雑誌「姉ageha」のモデルとして活躍中の大城あい(30)が、都内の自宅で悪質な盗聴被害に遭っていたことが22日、本紙の取材で明らかになった。盗聴器を仕掛けたのは、日本フットボールリーグ(JFL)の某チームの監督経験者だったというから驚きだ。この卑劣で破廉恥な元サッカー指導者とは、どんな人物なのか? またその巧妙な手口とはいったい――。

「すごく信頼していた人なので、あの人が盗聴犯だとは、すぐには信じられませんでした…」

大城が涙ながらに語った盗聴被害の全容はこうだ。

約8年前に知り合った50代男性のX氏とは夫婦ともに親しく付き合っており、旅行中はカギを渡してペットのエサやりを頼むほどの間柄だった。

だが、今年に入ってリビングのソファ下に仕掛けられたペン型の盗聴器を発見。自宅を訪れたX氏にたびたび挙動不審な点があったことから4月下旬、大城夫婦が海外旅行に出かける際に監視カメラを設置した。

するとそこには留守中に自宅に上がり込み、仕掛けた盗聴器を回収しようとするX氏の姿が映っていた。

大城は盗聴器と監視カメラ動画を警察署に持ち込み、被害届を提出。任意で事情聴取されたX氏は住居侵入を認め、今月11日に東京簡易裁判所に略式起訴された。

「ペン型盗聴器のマイク部分が寝室に向けられて、私たちの性行為の音声を狙って録音されていたんです。ファイルの記録から、少なくとも2年以上前から盗聴されていたみたいで本当に気分が悪い。スマホの待ち受け画面を私の後ろ姿にしていたり、もしかして私に対して好意があるのかなと思った時期もありましたが、直接セックスに誘ってくることもなかったし、アクセサリーデザインの仕事も手伝ってくれてました。夫だけでなく、母にも紹介していたのですが、今思えばすべて私に近づくためだったのかもしれません」

大城はすっかり信用してしまっていたが、実はX氏には前科があった。

アマチュアサッカーリーグの最高峰に位置するJFLのクラブチームの監督を務めていたX氏はかつて児童買春禁止法で逮捕され、略式起訴で罰金刑となった。監督を解任され、日本サッカー協会からは最上級の指導者資格であるS級ライセンスの永久的停止処分を受けていたのだ。

「それでもXさんは今もサッカー指導に関わる仕事をしているみたいなんです。児童買春に加えて今度は盗聴までするような人に指導なんてできるのでしょうか?」

憤まんやる方ない大城は今後、精神的苦痛に対する慰謝料を求めて民事裁判を起こす見通しだ。

イニエスタやフェルナンドトーレスのJリーグ参戦はもちろんのこと、森保ジャパンの好発進で盛り上がるサッカー界に、冷や水を浴びせる不祥事に開いた口がふさがらない。サッカーならば“イエローカード”2枚で退場なのだが…。
(引用:Yahooニュース)

大城あいプロフィ-ル


(引用:Instagram)

■名前:大城あい

■本名:橋本亜衣

■生年月日:1987年12月7日

■職業:モデル/アクセサリーデザイナー/HairSalon Twinkleオーナー

雑誌Agehaで人気のモデルとして活躍する大城さん。
現在はご結婚されて旦那様もいらっしゃり、お仕事も幅広くされているようですね!!

スポンサーリンク



盗聴被害の犯人は!?

そんな中で今回大城さんの生活を盗聴していたのは誰だったのでしょうか??
報道では
♦︎日本フットボールリーグ(JFL)の某チームの監督経験者
♦︎50代男性
♦︎以前児童買春禁止法で逮捕、その際は略式起訴で罰金刑
♦︎監督を解任
♦︎日本サッカー協会からは最上級の指導者資格であるS級ライセンスの永久的停止処分を受けている

以上のヒントを踏まえ調査をしてみました。
そして、ネット上では該当する人物として以下の人物が上がっていました。

佐川のOやろ

これをもとに探してみたところ、佐川急便東京サッカークラブ大貫啓一元監督が該当することがわかりました。

■名前:大貫啓一

■年齢:55歳

■職業:元佐川急便東京サッカークラブ監督※現在は不明

大貫啓一氏の名前で検索をかけると以下の写真が出てきました。

(引用:J論)
真ん中で手を広げているのが大貫啓一氏だとされています。

同一人物かはわかりませんがこちらの試合は50代以上のシニア大会として2014年に開催されているものです。
大貫氏が参加していてもおかしくありません。

大貫氏は上記記載のように2003年ごろに児童売春禁止法で逮捕され日本サッカー協会の資格を剥奪されています。

JFLの佐川急便東京SCで監督を務める大貫啓一容疑者が、児童買春・ポルノ処罰法違反の疑いで逮捕された。大貫容疑者は昨年(2003年)11月16日の午後11時50分ごろ、神奈川県厚木市の本厚木駅前で高校1年の女子生徒に声を掛け、自分の車で現金約2万円を渡して猥褻な行為をした疑い。大貫容疑者はこのとき、静岡で行われたJFLの公式戦からの帰宅途中だった。高速道路が渋滞していたため、事件のあった厚木市に立ち寄ったとのこと。そしてこの女子生徒を含め、複数の女性に対して「(性器を)触ってくれたら5万円。本番で15万円払う」などと持ちかけたという。そして女子生徒と「本番14万円」で交渉成立。だが、同容疑者はこのとき約2万円しか所持しておらず、ATMも時間外だったため残金は払えずじまい。女子生徒は踏み倒されたと思い、翌17日未明に交番へ届け出たため犯行が発覚した。大貫容疑者は「踏み倒すつもりはなかった。3、4年前から、同じような行為をしていた」などと供述している。
(引用: 週間ブサイクさん)

この容疑で日本のサッカーからは追放されていますが、大城さんの話によると現在もサッカー指導に関わる仕事をしているとのことでしたね。

ちなみにこんな投稿を発見


(引用:Twitter)
大城さんの投稿を大貫啓一という人物がリツイートしているものです。
少なからず大貫啓一という名前と大城さんの繋がりがあったことは明確ですね。

こんな罪を犯しておきながらなお盗聴をという罪を犯すとは本当に考えられません・・・。
反省しているのでしょうか??

ちなみに盗聴は2年以上に渡り100件以上の録音データがあるとされていました。

事件発覚の状況は以下のようになっています。

(引用:バイキング)
こんなペン型盗聴器だと本当気づきにくいですし恐ろしいですね。

そしてまた驚きなのは盗聴自体は犯罪にはにならないということです
刑としては10万円以下の罰金系のみとなるそうです。。。

しかしながら大城さんご自身は精神的苦痛の慰謝料として民事訴訟を起こす予定だそうです。

まとめ・感想

犯人はおそらく大貫啓一氏なのではないでしょうか?断定的な情報はありませんが、これだけ情報が一致していますのでおそらく間違いがないかと思います。
盗聴は本当に恐ろしいですよね・・。
信頼していた相手に裏切られるのは本当に悲しかったと思います。
今の時代、やはりいくら信頼していたとしても留守中に家に入れるというのは相当リスクがありますね。
忙しい中で甘えられる相手だったのだと思いますがそこに漬け込んだ犯罪で本当にひどいです。
しっかりと罪を償ってほしいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする