正智深谷高校女子バレー部監督の名前は森忠広!!体罰を繰り返し監督解任・減給処分!!

埼玉県深谷市の私立正智深谷高校で、女子バレーボール部監督だった男性教諭(47)が部員に体罰を繰り返し、監督を解任され、減給処分を受けていたことが明らかになりました。正智深谷高校は女子バレー部の強豪校としても名が知られており、動機について「うまくなって欲しいという気持ちがいきすぎた」と話しているそうです。

スポンサーリンク



事件概要

埼玉県深谷市の私立正智深谷高校で、女子バレーボール部監督だった男性教諭(47)が部員に体罰を繰り返し、監督を解任され、減給処分を受けていたことが関係者への取材で分かった。この教諭は2012年にも、部員への体罰で口頭注意を受けていたが、その後も体罰が続いていたという。学校は処分とあわせ、生徒と保護者に謝罪をした。

学校や関係者によると、今年4月、生徒から教頭に「女子バレー部で体罰があるようだ」と相談があった。学校側が聞き取りをした結果、少なくとも過去2年間にわたり、至近距離からボールをぶつけたり、暴言をはいたりする行為が確認され、学校側は5月の理事会で、教諭を減給10分の1(3カ月)の処分とした。教諭は「うまくなって欲しいという思いがいきすぎた。大変申し訳ない」と話しているという。

この教諭をめぐっては12年、体罰を受けた部員たちが部活をボイコットするなどした結果、当時の校長が口頭で注意をしていた。加藤慎也校長(50)は「結果的に繰り返されてしまい、申し訳ない。体罰防止を徹底していきたい」と話した。
(引用:Yahooニュース)

体罰を起こした監督はだれ!?

今回正智深谷高校で体罰を起こし、処分を受けた監督はだれなのか??
調べてみたところ森忠弘監督であることがわかりました。

■名前:森忠弘

■年齢:47歳

■居住地:不明(おそらく埼玉県深谷市)

■職業:私立正智深谷高校 教員

顔画像などがあるかどうかを調べてみたのですが、現在の段階では見つかりませんでした。
森監督は正智深谷高校での指導以外にもバレーボール教室FOUR LEAVES事務局などを運営しているようで、代表者の名前が入っていました。
コーチには「森友理」の名前があったのでもしかすると奥様かもしれませんね。

体罰内容

今回明らかにされた体罰の内容は以下のようなものでした。
♦︎至近距離からボールを投げつける
♦︎暴言を吐く
細かい内容については明らかにされていませんが、これまでに複数回体罰についての口頭注意を受けていたようですが、改善されず2012年には体罰を受けた部員が部活をボイコットしたこともあったようです。
これほどまでになん度も繰り返されていたのに改善されなかったというのはとても残念です。
今回ようやく処分に至ったようです。

世間の声

スポーツにど根性論は否定しない。
けど、暴力は違う。
仮にそれで勝ててもスポーツではなくなっていることに指導者は気付くべき。

暴力を肯定はしない
それによってそのスポーツが嫌いになる事もあるし、
その才能がダメになる事もある。
ただし、ここからはスポーツ以外にもなるけども
言っても聞かない連中がある一定数いるのも事実

私も体罰のある部活だったので、ある程度は仕方ないと思っていました。
が、最近の報道を見ていて、もう時代が違うんだということを大人が理解して実践しなければいけないんだと思うようになりました。
愛のムチとか信頼関係があればよいとか、曖昧な部分は残さず、いかなる暴力はいけないとして、どう指導するべきかを学ぶのが指導者のつとめだと思います。

うちの母校??って思った人も多いと思う。

生徒が絶対にやってはいけない様な悪い事、危険な事をしたのなら叩くのはアリかなと個人的には思います。
信頼関係の度合いにもよるだろうけど。
「スポーツの指導」に暴力が必要とは思えない。

先生の絶対的権力で変なルールを作るのはやめてほしい。

まとめ・感想

体罰問題は本当になくならないですね。
かつての指導方法は今となってはもう通用しないのでしょうね。
暴力より先にまずはしっかりとした信頼関係を作り上げることが大切だと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    「この教諭をめぐっては12年体罰を受けた部員たちが部活をボイコットするなどした結果、当時の校長が口頭で注意をしていた。」と記述されています。

    2012年の時点では この教職員Aは懲戒扱いになっていません。それにもかかわらず、この教職員Aに対する口頭注意の話がいまごろでているわけですね。

    2012年時点での智香寺学園(の理事たち)は埼玉工業大学に心理学科があるにもかかわらず、ここで体罰問題で議論になっている教職員Aに関する判断とは別に教職員Bに対してかならずしも心理学にもとづいた公平な判断をしているとはかぎりませんでした。

    【2012年時点】
    教職員A:体罰(と見間違えるような行為)問題→部活ボイコット発生→口頭注意。
    教職員B:発言問題→懲戒免職扱い(後で3か月停職と懲戒免職は撤回になっている)。

    この処分の不公平さをごまかすために使われたのが「疑似科学診断書を使った手口」です。都合の悪い職員が精神病と判断されるような診断書を病院に書かせ(診断書を注文し)、それを利用して教職員Bを退職に追い込もうともくろんだ経緯があったのです。

    智香寺学園の(理事)管理職の教職員に対する悪質な手口をつかった不公平な判断、処分の再発防止に注目してはどうでしょうか。

    参考:厚生労働省『パワハラの定義』:
    (h)ttps://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/definition/about

  2. 匿名 より:

    「この教諭をめぐっては12年体罰を受けた部員たちが部活をボイコットするなどした結果、当時の校長が口頭で注意をしていた。」と記述されています。

    2012年の時点では この教職員Aは懲戒扱いになっていません。それにもかかわらず、この教職員Aに対する口頭注意の話がいまごろでているわけですね。

    2012年時点での智香寺学園(の理事たち)は埼玉工業大学に心理学科があるにもかかわらず、ここで体罰問題で議論になっている教職員Aに関する判断とは別に教職員Bに対してかならずしも心理学にもとづいた公平な判断をしているとはかぎりませんでした。

    (1)教員Aの体罰(と見間違えるような)行為に関する問題」をかなり軽視し、隠蔽した経緯が確認できた。

    (2)教員Bを「発言問題(言った言わないの水掛け論の内容を含む)」で(極端に)問題視した。

    ここで、(1)は体罰(と見間違えるような)行為が関係しています。個人的意見では(1)はかつて何度か確認できていたことではないかと思っていたのですが、今回のトラブルで問題が表面化したのだと思います。実は、智香寺学園の現状から言うと(2)が極端な問題視であった可能性が高いと思うのです。

    (1)の、「体罰(と見間違えるような)行為に関する問題」の隠蔽があった場合、(2)の場合における元正智深谷高校教員を懲戒扱いにした理由である

    ①生徒の進路に実害があるとこまる。
    ②生徒の心情が・・・。
    ③注意と恫喝はちがう。

    という智香寺学園の管理職の用意した大義名分とはあわないことになります。つまり、智香寺学園の理事管理職には教員Bを懲戒扱いするための教育上の理由づけや大義名分とは異なる裏の顔があったということです。

    それは教員Bを極端に問題視することで「補助金の請求額から生徒の進路を逆算し、関連大学に少なくとも40人以上、できれば60人以上進学させる」という(ある意味で)進路の自由を奪う進学指導を高校教員に強制しているという事実から周囲の目をそむけるための「教育問題の偽装」をしようと試みた可能性が高いということなのです。

    教員Bの懲戒要件を理由に現職教員(教員Aを含む)に不適切な進路指導の「強要」をしていた可能性があるということです。これは元正智深谷高校教員が退職強要、懲戒脅迫された2010年(平成22年)より前とそれ以降の関連大学への進学人数の推移をみてみるとかなりの参考になります。

    【確認要】
    平成19年 40人以下 
    平成20年 40人以下
    平成21年 40人以上になる
    平成22年 教員Bに対する「疑似科学診断書」を利用した退職強要、懲戒脅迫
    平成23年 評定4の基準を65~84から60~84に変更
    (生徒の進路先、進学先の可能性を広げるための変更と主張していました。)
    平成24年 40人以上 教員Aの体罰問題の隠蔽 
                教員Bの発言問題の懲戒扱い
    平成25年 40人以上
    平成26年 50人以上
    平成27年 50人以上
    (その後、進路指導の方針をかえた可能性があります。)

    都合の悪い職員が精神病と判断されるような診断書を病院に書かせ(診断書を注文し)、それを利用して職員を退職に追い込もうともくろむような「疑似科学診断書を使った手口」が悪質な手口であることは明らかであると思います。さらに、今回の体罰騒ぎにおいて2012年の頃の体罰(パワハラ)問題を表面化させたことで、当時の管理職の教職員Bに対する判断が明らかに不当で不公平であることが明示的になったということです。

    参考:厚生労働省『パワハラの定義』:
    (h)ttps://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/definition/about