香川大 セクハラツイートの教授は誰!?女子学生をも震撼させるその内容は!?

香川大学で教授を務める人物のツイートがセクハラだと話題になっています。
本人は反省の様子はなく冷静に炎上について分析しているけれど、大学側は遺憾をあらわにしています。このつぶやきをした教授は誰なのか!?その内容や真意はなんだったのか??
今回は香川大教授のセクハラツイートについて調べてみました。

スポンサーリンク



話題となったツイート内容


(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00010002-ksbv-l37.view-000)

短文投稿サイト「ツイッター」で、香川大学の教授が投稿した「セクハラ」発言がインターネット上で波紋を呼んでいます。この教授がKSBの取材に応じ、発言を認めました。

問題になっているのは、香川大学に勤務する実在の教授の氏名に「じゃないかも」と付け足されたアカウントから投稿された一連のツイートです。
中でも今年4月の「僕の趣味はセクハラです。気持ちいいじゃないですか」「女の子の肌を触るのが好き」といった投稿は、現在インターネット上で大きな波紋を呼んでいます。この教授は3日、KSBの取材に対して「自分が投稿したものだ」と認めました。
その上で、「財務省の前事務次官によるセクハラ問題を受け、国会議員が『セクハラはしません』と宣言していることがナンセンスだと感じ、反発した。研究者として表現の自由が守られるべきだ」と主張しました。

香川大学の筧善行学長は「教育上の観点から不適切な内容であり誠に遺憾。学内規則などに照らして、適切に対処を行うとともに再発防止を徹底する」とコメントを発表しました

ツイートを投稿した教授は誰??

この投稿をした教授は三原麗珠教授だとされています。
三原麗珠教授のプロフィールをみてみましょう!!


(引用:https://twitter.com/reiju21jp)

■名前:三原麗珠(ミハラ レイジュ)

■年齢:–(不明)

■居住地:香川県高松市

■職業:香川大学教授

■専門:専門分野: 社会選択,集計アルゴリズム,メカニズムデザイン,ゲーム理論,経済理論,規範経済学

■学位:ミネソタ大学大学院経済学博士課程、数学修士課

香川大学は偏差値50代後半になる中の上に当たる優秀な大学です。
三原教授が担当されているであろう経済学部も58-59となっています。
これだけきちんとし多経歴を持っている人物がなぜこのようなツイートをしたのか??

ご本人曰く、政治家の「セクハラはしません」に対抗したもの

だと言いますが・・・ちょっとコメントを間違ってしまったような気もしますね;;
現在はツイッターを確認したところ、この問題の投稿は削除されているようですが、そのほかにもセクハラ問題に当たるような事案のツイートもかず多く見受けられます;;

世間の声

香川大付近で痴漢がでたら最初に疑われそう。

アウトプットの仕方が女好きならギリギリ良かったかもしれんが、セクハラ好きはアウトだな。

まあ気持ち悪いツイートではありますね。

ギャグかもしれないが文章にすると生々しいって学んだ方がいい

単純に気持ち悪いよね。

まとめ・感想

女子学生を相手にすることもある教授がこのような発言をしたら近づきにくいと感じてしまっても無理はないですよね;;
ご本人は表現の自由と言っていますが、教授として指導する立場にある人間が生徒に不快感を与える発言をいくら自由とはいえちょっと許される範囲を超えていると思います。
セクハラ問題はきわどい部分でもありますが、やはり教授として今回の炎上は仕方のないものだと感じます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする