子供に野菜を食べさせる方法は!?体験談と調査内容を公開!楽しい食事時間を*

私は現在2歳になる子供を育てています^^食べるのは比較的好きな方ですが、ここにきて嫌いなものはプイッと横を向いて、手で払いのけ、好きなものを指差して「これをくれー!!」と言わんばかりの主張をしてきます;;無理やり食べさせようとすると泣きわめき食卓が悲惨なことに…w
おそらくお子様の野菜嫌いで悩むママも多いのではないでしょうか??今回はそんな野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる方法を調べて見ました。

スポンサーリンク



そもそも子供はなぜ野菜が嫌いなのか??

子供って本当に野菜を食べてくれませんよね。
もちろん大人でも苦手な野菜があるので気持ちがわからなくはないのですが・・・。

実は子供と大人では味覚の感じ方が違うのです!!

「酸味」と「苦味」は、腐敗物や毒物などの味だそうで、子供は自らの命を守るために本能的に避けてしまうという傾向にあるといのです。
そして、野菜には酸味や苦味があるものが多いので、どうしても子供には嫌煙されてしまうのですね。

大人になったら食べれるようになった!!というのはこれが消えるからとも考えられます。

でも食べて欲しい親心

原因がわかったとはいえこれからどんどんと成長していくわけですから必要な栄養はきちんと与えてあげたいと思うのが親心だと思います;;
小さいうちは偏食でもそこまで問題がないという話も聞きますが、我が子が好きなものしか食べないとなると「それでもいいか!!」となれるママの方が少ないのではないかなと思います。
うちもなんども無理やり食べさせようとしたり、白米が好きなので、白米と一緒に口に押し込もうとしたり結構な強引具合で試みましたが嫌がるばかりでなかなか食べてくれません。
調べてみるとやはり無理やり食べさせるという方法はあまりよくないようです。
子供が野菜に対してや食事に対して苦手意識をもったり、怒られたという恐怖感を持つことで余計に食べなくなってしまう可能性があるからです。
なので、楽しみながら「食べちゃった!!」みたいな感じが理想的ではありますが、現実はなかなか難しい・・・泣

そこで取り入れやすい野菜の食べさせる方法を調べて見ました。

楽しみながら野菜を食べてもらおう!!

じゃぁどうやったら食べるのか!!試行錯誤しているママも多いはず><
今回は私が実践したものや調べて出てきた情報を載せて見ました。

①お昼ご飯前にはガッツリ遊ばせる
これは家にいる子など時間をママの方で調節できるタイミングでの方法となりますが、以前ホンマでっかTVで子供の野菜嫌いを克服するための方法として取り上げられていました。
アメリカで実験をした際に給食までに昼休みをとり遊んでからお昼ご飯を食べるという通常とは逆のスケジュールで昼食の食べ具合を比較したところ、野菜や果物の摂取量が54%増えた結果となったそうです。
理由としてはものすごく単純なのですが、子供は遊ぶことに貪欲ですから「お昼ご飯を早く食べて遊びたい」という気持ちを持っていながら食事をすると好きなものだけ食べてお腹がある程度満たされると「もう終わりで大丈夫!!」という感覚になります。
ただ、たくさん遊んだ後には「遊ぶ」という点に関しては満たされている状態での食事となりますし、純粋にお腹も空くのでたくさんの量を食べてくれるというわけです。

②食感を変える
味が嫌い!!という場合もあるかと思いますが食感が無理・・・という場合もあると思います。
ちなみにうちの子はこれです。シャキシャキするもやしなどは口に入れてもご丁寧に取り出してくれますw
ここはママのお料理の工夫となってしまいますが、食感を変えてみるのもオススメです。
材料によってはすりおろしたり、ペースト状にして何かに入れ込むのもオススメです。

③色味を隠す
緑、赤といった緑黄色野菜ってみるだけで嫌がる子もいると思います;;
そんな時は何かに混ぜて色を隠してしまうのがオススメです。
もちろん緑黄色野菜というだけあって色味が恋ですから完全に隠すのは難しいかもしれませんが、私はよく何かに混ぜて、口に入れるときには苦手なものが入っているのが見えないような角度で入れたりとしていました。(これは知恵がついてくると結構難しいかもですが・・・)

④好きなものと混ぜる
うちはありがたいことに、とにかくご飯が好きなのでなんでもご飯に混ぜていました。
キャベツ、人参、玉ねぎ、ピーマン、などなんでも入れ込んでチャーハン仕様にして食べさせてました。
ご飯が苦手・・・という子はおやきやお好み焼きのようなスタイルではどうでしょうか??
あとは卵焼きの中に入れ込んで見たり、ミネストローネやポタージュといった色味があるスープにすりおろした野菜を入れたりしていました。
これだと先に記載した「色味」も隠せるので私は多用していました。
パン好きな子には野菜を少し入れたパンを作ってあげるのもいいかもですね^^
蒸しパンなら電子レンジでも簡単にできます^^
参考メニューはこちら▼
Google

⑤環境や食器を変える
うちの子はいつも保育園に行くと嫌いなものも食べてくれるのです。
先生の食べさせ方がうまいのかと思ったのですが、自分で食べていますよーと。
おそらくお友達が食べている姿をみて刺激を受ける部分もあるでしょうし、家と違って「これを食べなきゃもうこれ以上はご飯がない」というのも察しているのかもしれません。
なので、天気がいい時は外で遊ばせて公園でピクニックがてら食べるのもいいかもしれませんね。
あとはうちは味噌汁が苦手で毎回プイッとされるのですが、あるときいつも味噌汁を入れている食器を変えて見たら普通に食べていたんですね;;
もしかしたら「この器のものは美味しくないものだー」っていう認識がどこかであったのかもしれません。
なので、食べないと思ったら器を変えてみるのもオススメです。

⑥味付けを好みのものに・・・
これは見た目で断固拒否の場合は厳しいですが、きっとその子にも好みの味があるかなと思います。
おそらく基本的に子供は甘い味を好むと思うのですが、ほんの少し味付けを甘くしてみるのもいいかなと。
例えばうちはほうれん草があまり好きでなく、なかなか食べてくれませんでした。
けれどほうれん草を胡麻和えにして出したところパクパクとそのままでも食べてくれていたので驚きました。
胡麻和えの甘さがよかったのかもしれません。
普段は卵焼きの中に細かく刻んで入れたりしています。

⑦食べず嫌いの時は他の部分で興味を持たせる
初めての物って結構警戒しますよね;;イチゴを出したときに警戒して一切食べてくれなかったのを鮮明に覚えています。
けれどあるとき読んでいる絵本にいちごが出てきて美味しそうに食べている女の子の写真を見たり、いちごのシールで遊んでいるうちにイチゴに興味を持ったようで、
スーパーでイチゴを見たときに「あっ…!!」と指をさして止まりましたw
その夜にイチゴを開ける時から「早くくれー!!」と足をバタバタさせて、しっかり食べてました。(先の甘い部分だけw)
なので食べることだけでなく、遊びなどの視覚から興味を引くのもオススメです。

⑧一緒に野菜を育てる
これは私の知り合いのママが実践したそうなのですが、2歳半の女の子でしたが、ベランダで家庭菜園をして一緒に水やりをしたり声をかけたりしていざ収穫→食卓に出した時それまで苦手だったものを美味しいと食べていたそうです。
やはり自分で育てた野菜は違うのでしょうかね^^??

⑨温める
なぜか冷たくなると全く食べない息子。
基本的にはなんでも暖かくして食べさせていました。
冷たくなると口の中不快になるのかもしれないですね。温かくして食べさせてあげるのもいいかもしれません。

⑩一口でも食べたら褒めまくる
嫌々でも口に入れた時は「すごいジャーーーーン!!いい子いい子♡」とオーバーリアクションかのごとく褒めまくりました。
それが嬉しかったのか??笑いながらもう一口食べて自分で拍手していましたw
他のことで食べる楽しさを作るのもありかなと思います。

などでしょうか^^
ちなみにうちは「美味し〜い」と横で食べるという方法をとりましたが、美味し〜いというと、「それならどうぞ^^」と言わんばかりに、こちらの口にどんどん自分が苦手なものを押し込んでくるのであえなく失敗w

お子様の性格などもあると思うので会う方法が見つかるといいですね^^

意識したいこと

冒頭でも記載しましたが今回調べて見てやはり子供に苦手意識を持たせないことが重要のようです。
せっかく手間をかけて作ったものを食べずに、ひっくり返された日にはなかなかの忍耐ですが・・・wまた違う方法でチャレンジしてみようと気持ちを楽にしていきましょう^^
そのため食べないからと怒ったり、ママがイライラしたり、無理やり食べさせようとしたり(←これは以前の私w)せず、自然に口に入れてくれるような工夫をできたらいいですよね。
実際のところ、食べない時は果物や野菜ジュースで補ったりしていけば特別問題はないそうです。
真面目で子供思いのママであればあるほどなんとかしたい!!と思いつめてしまうかもしれませんが、平均的に4-5歳になると野菜嫌いも和らいでくるようです。

まとめ

子供の野菜嫌いは本能的に「酸味」「苦味」を避けるようにできているからこそのものでした。
とにかく野菜嫌いを怒らず、楽しめる食事の雰囲気、ごまかしレシピwを作成していきましょう^^
母親って本当に大変ですよね。
子供に何か問題があると自分の責任だと感じてしまいますし、子供を思うからこそうまくいかなく思いつめてしまうこともあります。
あまり深く追い詰めすぎず、たまには息抜きして子供の成長を楽しく見守っていきたいですね^^
という私も毎日格闘中ですw

新生児のしゃっくりについてはこちら▼
Goggle

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする