大本萌景の契約内容がブラックすぎる!!毎日10時間以上の拘束で月給3.5万円!!

今年2018年3月21日に16歳の若さで愛の葉Girlsの大本萌景さんが自殺しているのが発見された事件で、遺族はHプロジェクトに対してパワハラがあったことが直接自殺の原因になったとして提訴したことがわかりました。平均で1日あたり10時間以上の拘束があったとされており、労働基準法違反にも値する労働時間を強いておきながら月収は3.5万円!?ブラックすぎる契約内容が明らかでパワハラ確定か!?

スポンサーリンク



事件概要

愛媛県を拠点にアイドル活動をしていた少女(当時16歳)が今年3月に自殺したのは過重労働やパワーハラスメントが原因として、遺族が12日、松山市の芸能事務所「Hプロジェクト」などに対し、慰謝料など約9268万円の損害賠償を求め、松山地裁に提訴する。

原告弁護団によると、少女は同市の大本萌景(ほのか)さん。13歳だった2015年にオーディションに合格し、農業の魅力を発信する5人組アイドル「愛(え)の葉(は)Girls(ガールズ)」の中心メンバーとして活動していたが、3月21日、自宅で自殺しているのが見つかった。

弁護団によると、大本さんは1日の拘束が12時間を超えることもあり、遅刻すると報酬が減額された。学業との両立に悩み、17年8月、事務所に脱退の意向を伝えると、従業員から「また寝ぼけたことを言い出したらぶん殴る」とLINE(ライン)でメッセージが届き、今年3月には社長から「辞めるなら1億円払え」と告げられたという。

大本さんは通信制高校を辞めて今春、全日制高校に入る予定だったが、弁護団は、事務所から必要な費用を借りる約束が果たされず、入学を断念したとしている。

その上で「事務所には健康や職場環境に配慮する安全配慮義務があった」と指摘。特に配慮が必要な未成年者を過酷な労働環境で強制的に働かせ、「自殺するほど苦しい精神状態に追い詰めた」と主張している。一方、事務所側は取材に、「責任者がおらず応じられない」としている。
(引用:Yahooニュース)

大本萌景さんプロフィール


(引用: buzzfeed)

■名前:大本萌景(おおもとほのか)

■生年月日:2001年10月23日

■出身地:愛媛県松山市

■職業:アイドル/愛の葉Girls所属

この当時は通信制の高校の1年生でありながらも、ご当地アイドルとして活動を続けていたと言います。

とても笑顔の素敵な少女ですね。
こんな若くして自死を選ぶほど辛い思いをしていたことが悔やまれてなりません。。。
まだまだこれから楽しいこともたくさんあったでしょう。。。そんなことも考えられない精神状態に追い込まれてしまっていたのでしょうね。

愛の葉Girlsについて


大本さんが所属していた愛の葉Girlsとは一体どんなグループだったのでしょうか。
2012年12月に歌って踊って耕すアイドルとしてデビューをしたアイドルグループで、JAや自治体が開催するイベントで精力的に農業の魅力をアピールするイベントを続けていたと言います。

萌景さんはこの活動をきっかけに全国区のアイドルになりたいと精力的に活動を続けていました。
しかしながらグループの活躍が認められ仕事が増え続ける反面、事務所の方針で学業より仕事優先という状況を強いられ、両立が難しくなった萌景さんはアイドルを辞めることも考え始めるようになっていたと言います。
早い時は早朝4時半には集合、遅い時は解散が深夜2時ごろまでになることもあったそうですから相当な疲労感や寝不足な状態であったでしょう。。。

この時は愛の葉Girlsの所属事務所はHプロジェクトとされており社長は佐々木貴浩社長です。

(引用:Twitter)
■名前:佐々木貴浩

■年齢:1968年生まれ 50歳

■出身地:愛知県新居浜市

■実家:割烹料理店

■職業:Hプロジェクト株式会社社長

愛の葉Girlsは大本さんの死後は活動休止をしていましたが、今年の6月にHプロジェクト社から株式会社フィールド 愛の和に移籍をして現在も活動を続けているようです。

自殺の真相は!?

現在母親である大本幸栄さんは自殺の直前まで抱えていた問題は愛の葉Girlsのトラブルでしかなかったとして、今回の提訴に至ったようです。
遺書が残っていないため萌景さんの氏の直接的な原因は明確にはわかっていませんが、
萌景さんの母親は

学業優先というふうに契約書には書いてあったので休みの申請をしていたがなんども休みを申請しても結局休みはもらえなかったという話はなんども聞いていたとしています。
単位も年教科か前期だけで落としてしまう状況になってしまった。(引用:週刊文春デジタル)

と話していました。
この内容には以下のラインのやりとりも添えられていました。


(引用:Twitter)

これらの文面を踏まえると完全に休みをとらせない方向に事務所が動いていたとしか思えませんね。
あまりにもひどい文面に驚かされます。
また報道によると辞めたいと希望を出した萌景さんに対し「辞めるなら一億円払え!!」という要求を突きつけたり、愛の葉Girlsを辞めないことにしたという意思を伝えた萌景さんに対し「次また寝ぼけたことを言ったらマジぶん殴る」という発言をしているとされています。ぶん殴るの発言についてはLINEが残っているので事実のようですが、1億円の話も事実であれば本当にブラック極まりない、悪質すぎる内容です。。。

しかしながら佐々木社長はこの点を踏まえてもパワハラや一億円の要求を否定しています。

また萌景さんの死後、母・幸栄さんが社長に責任を感じるか尋ねたところ「責任考えたことないですね」と言われたというのですから衝撃です。。。
幸栄さんは「娘がなぜ社長をあそこまで信頼していたのかがわからなくなりました」と涙していました。

契約内容がブラックすぎる

10/12放送のグッディでは大本萌景さんが契約していた契約書の内容が明らかになりました。
萌景さんは毎日10時間以上の拘束時間にもかかわらず、月収はなんと3.5万円ほどだったというのです。
グッディで紹介の契約内容をまとめてみました!!

(引用:グッディ)
報酬制度にはアイドルの段階が強いられており、2軍、1軍、S級とされています。

2軍の基準・・・愛ブランド10品目を農業アイドルらしく紹介できる
1軍の基準・・・愛ブランド全農業商品を農業アイドルらしく紹介できる
S級の基準・・・上記内容に+旬の野菜5品を美味しそうに紹介できる

※愛ブランドとは自分たちで育てた農業野菜のこと

♦︎報酬制度♦︎
【指名出演料】
2軍/1,000円 1軍/5,000円 S級/7,000円
【総合司会】
2軍/1,500円 1軍/3,000円 S級/10,000円
【モデル】
2軍/0円 1軍/3,000円 S級/5,000円

これってどうなのでしょうか??他のアイドルの方達がどのくらいの労働量でどのくらいの報酬を経ているのかがわからないので判断が難しいですが一般的に考えて毎日10時間以上の労働を強いられていて月収3.5万円ほどではとてもじゃないですがやってられないですよね;;
また恐ろしいのがこの契約内容には罰金制度というものが存在します。

♦︎罰金制度♦︎
【陰口】
2軍/1万円 1軍/2万円 S級/3万円
【いじめなど】
2軍/3万円 1軍/4万円 S級/5万円
【スキャンダル】
2軍/50万円 1軍/50万円以上 S級/相当額

報酬から考えると破格の罰金額ですね。
萌景さんがどの階級に値していたか不明ですが、それにしても月給3.5万円は労働に見合いません。

これはグッディで放送していた内容なので、これ以外にも細かな契約内容があったと思います。

この事務所では母親や家族に相談などをすることを禁じるというちょっと意図がわからない取り決めがあったようです。
こういった罰金制度により、それを破って相談してしまおうということが萌景さんにはできなかったのかもしれません。。。

萌景さんの家庭事情的にも金銭的にはかなり困窮していた状況であったと考えられます。
こちらをどうぞ▼
大本幸栄(大本萌景母)は借金苦でシングルマザー!?自殺の原因は事務所だけではなかった!!

まとめ・感想

まだまだ情報がこれから家事されていくと思いますので追記をしていきます。
若すぎる死は本当に辛いですね。
とても悩み、逃げ場がなくなってしまったのでしょう。。。
忙しかった分、ぜひゆっくり休んでほしいなと思います。ご冥福をお祈り申し上げます。

こちらも大本萌景さんのニュースをまとめたものです▼
佐々木貴浩の嫁や子供、家族は!?Hプロジェクトのパワハラ否定で「想像がつきません

佐々木貴浩パワハラ反論に炎上か!!少女自殺も「責任、考えたことないです」

大本幸栄(大本萌景母)は借金苦でシングルマザー!?自殺の原因は事務所だけではなかった!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする