自殺未遂3回のいじめは川口市立戸塚中サッカー部か!?学校側の対応がひどい!!

埼玉県川口市の公立中学校に通う3年生の男子生徒(14)が平成28年4月の入学直後から同級生らにいじめを受け、3回にわたって自殺を図っていたことが9日、市教育委員会への取材で分かったりました。この学校は川口市立戸塚中学校だと判明。またサッカー部員の加害者名前も発覚か!?事件をまとめました。

スポンサーリンク



事件概要

埼玉県川口市の公立中学校に通う3年生の男子生徒(14)が平成28年4月の入学直後から同級生らにいじめを受け、3回にわたって自殺を図っていたことが9日、市教育委員会への取材で分かった。生徒は現在、登校しているが、自殺を図った影響で、車いすでの生活を送っている。

市教委によると、生徒は1年生であった同年5月ごろからサッカー部の同級生や先輩から悪口を言われたり、仲間はずれにされたりしたという。生徒は同年9~10月の二度にわたり、自宅で首つり自殺を図ったほか、29年4月には自宅近くのマンションから飛び降り、頭蓋骨骨折などの重傷を負った。

生徒は最初の自殺未遂の前にいじめの内容を記した手紙を担任に渡したが、学校側は「いじめに該当する事案がない」との調査結果を生徒側に伝えていた。生徒は不登校となり、学校側がいじめを認定したのは、飛び降り自殺を図った後だった。

市教委は29年10月に第三者調査委員会を設置したものの、本人への聞き取りができなかったことから、同年末に一時中断。今年7月、本人に聞き取りに応じる意思があることを確認した上で、8月に同委員会を再開した。現在、調査委員にいじめの経緯などの説明を行っている段階で、まだ本人への聞き取りは実施できていないという。

市教委指導課の岩田直代課長は産経新聞の取材に、「今後も生徒の気持ちを第一に考えるとともに、事態を重く受け止め、再発防止に向けて取り組む」としている。
(引用:Yahooニュース)

いじめの中学校は川口戸塚中!?

このいじめですが川口戸塚中のものではないかとの声が上がっています。
川口戸塚中のサッカー部員の不登校の学生のニュースが以前から報道されていました。

この動画に写っているのは今年の3月の段階で卒業式と言われています。
今回自殺未遂を犯している生徒はH28.4の入学だとされているため、おそらく別の人物だと思われますが、共通点としては同じサッカー部であること川口市内の中学校であることなどが挙げられます。
もし同様の事件が続けて起きているとしたら、本当に何も対策ができていなかったのか疑問に思います。

川口市立戸塚中学校の場所は??

住所:〒333-0805 埼玉県川口市戸塚鋏町3−1

学校側の対応がひどい!?

以前の戸塚中学校の問題の際にも学校側の対応についていじめを受けた生徒の母親が怒りをにじませていました。

クラブ活動の部員からのいじめやインターネットの中傷の書き込みなどを苦にして、川口市立中学3年の男子生徒(15)が不登校になっている問題で、同市教委のいじめ問題調査委員会が示した調査報告について、男子生徒の母親は16日、市教委の謝罪と説明を聞いたが「市教委の謝罪は受け入れられない。話し合いをしてもうそを重ねる姿勢、いじめは改善できたはずなのにしなかった責任は重い。第三者の調査委員会は被害者に寄り添って調査するべきものなのに、そうではなかった。事実と違う内容もある」などと語り、市教委と調査結果を批判した。

学校の対応については、「山ほど言いたいことがある。中学生の3年間は一生に一度のこと。やり直せない。あの子は3年間のうち1年半はいじめで嫌な思いで過ごした。残り1年半は校長や教頭に苦しい思いをさせられたが、あの子はいじめよりつらかったと言っている」と話した。

校長と教頭が2017年3月、新たに3年生になる男子生徒にいじめ防止や男子生徒に対する学習支援を盛り込んだ11項目にわたる「今後の支援体制について」と題した書面を渡し、「しっかりやるから学校へ来てほしい」と説得した。

だが、その「対策」はその後1年間、現場教師の間で共有されず、男子生徒は新学期の初日からいじめ被害に遭っていた。その頃は、市教委が第三者委員会を立ち上げ調査が始まっていた中で、靴の裏に「シネ」などと落書きされることも起きた。

「あの子は本当に心が壊れた。学校は文科省や県教委から再三指導や助言を受け、いくらでも改善することができたはずなのに、何もしてくれなかった。学校が約束した支援体制をしっかりやっていれば、いじめは防げたと思う」と語り、強く批判した。

男子生徒の卒業式は15日だったが、男子生徒は出席しなかった。「もし出席していたら、あの子だけがないものがあった。クラスの全員が書いた文集や、生徒全員がそれぞれの親へ渡す感謝の手紙や、先生方へのメッセージなど、知らされていないので何も書いていない。卒業記念品も、申込期日が過ぎた手紙を渡されたので申し込めなかった」と、母親は悲しがった。

卒業式の日、男子生徒は母に言ったという。「3年2組に僕はいなかったんだ」
(引用:埼玉新聞)

また母親は「私には、市教委が保身のための隠蔽したり、虚偽報告をしたとしか思えません」と発言し、対応について批判をしていました。

今回の件においても平成28年の9-10月に2回、平成29年の4月に1回と短期間で3回も自殺未遂を犯しているにも関わらずこれまで学校側の対応がなかったこと、生徒は最初の自殺未遂の前にいじめの内容を記した手紙を担任に渡したが、学校側は「いじめに該当する事案がない」との調査結果を生徒側に伝えていた。生徒は不登校となり、学校側がいじめを認定したのは、飛び降り自殺を図った後だったということを考えると学校側の対応には疑問を抱いてしまいますよね。

ネットの声

>市教委指導課の岩田直代課長は産経新聞の取材に、「今後も生徒の気持ちを第一に考えるとともに、事態を重く受け止め、再発防止に向けて取り組む」としている。

岩田課長、それは無理です。あなたたちはここまで事態が深刻化するまで、何もできなかったのですから。明日から急に「再発防止に向けて取り組む」ことなんてできっこありません。

埼玉県警の出番です。手始めに担任を警察署で取り調べしてもらいましょう。学校全体の家宅捜査が必須ですね。加害者逮捕は当然だ。

学校というプロセスは飛ばした方がいい。だって自分が学校側なら、学校にばれないようにされてたら判断が難しいからなぁ。
最近はICレコーダーの性能いいから使えばいい。
ほら、豊田議員のこのハゲ録音って誰も盗聴と言わないでしょ?

いつも思うけど、違法行為があったのなら学校なんかに頼らずいきなり警察に行ってもいいと思う。
車椅子生活になるまで何もしてくれない教員なんか信用するな。自分の尊厳は自分で守ろう。そして犯罪者には適切な刑罰を。

教師の前ではお利口さんにしてるイジメっ子って結構多いから、学校だけを責められない。
それよりも加害者とその親への責任を追及する世の中にならないと。
学校が表に経つと加害者側は他人事に捉えるような気がする。

最初のSOSに向き合わなかった学校の責任は大きい。

まとめ・感想

いじめ問題は永遠の課題ですが、これだけのSOSを送っているにも関わらず学校側の対応が遅かったことはやはり対応が不足しているとしか思えないでしょう。。。
命を失わず良かったですが、現在も車椅子で生活をしていますし、もし学校側がきちんと最初の段階で対応をしていればこのような事態にはならなかったかもしれません。
担任に手紙を渡すという勇気ある行動がきちんと結果に繋がらなかったのが本当に残念です。
きちんと真相究明をお願いいたします。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする