石橋和歩 いじめられ画像がフライデー掲載!!顔面落書きにモヒカン姿はこちら!!

2017年6月に東名高速道路であおり運転の末に高速道路上で萩山さん夫妻に掴み掛かり、不運にも事故が起こったとしてあおり運転の当事者である石橋和歩被告の判決が本日12/14に言い渡されました。
判決は懲役18年!!
そんな石橋被告はいじめられっ子だった!?フライデー掲載のいじめられ画像がやばい!!
顔面落書き、モヒカンの姿の画像を公開!!
石橋一歩被告についてまとめました。

スポンサーリンク



12/14の判決を受けての報道

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車が「あおり運転」で停車させられ、大型トラックによる追突で夫婦が死亡した事故で、横浜地裁は14日、危険運転致死傷罪の成立を認め、石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=に懲役18年(求刑懲役23年)の判決を言い渡した。深沢茂之裁判長は石橋被告のあおり運転と事故との因果関係を認定。「身勝手かつ自己中心的な動機で、常軌を逸した犯行だ」と量刑の理由を述べた。

自動車運転死傷処罰法は危険運転の要件を「重大な危険を生じさせる速度で運転する行為」としている。判決は、被告によるあおり運転などの妨害が危険運転に該当するとしつつ、停車は「一般的に危険を生じさせないのは明らか」で、「文言上、運転に含まれると読むのも無理がある」と述べ、「高速道路での停車は危険運転にあたる」という検察側の主張を退けた。

そのうえで、石橋被告がパーキングエリアで駐車方法を注意されたことに腹を立て、「ワゴン車を停車させて文句を言おう」と、妨害を始めたと認定。その後の停車と夫に対する暴行も一貫した意思で行われているため、「妨害と密接に関連する行為」と判断した。

さらに、現場が高速道路の追い越し車線で交通量もあり、夜間でもあったことから、「追突事故の危険性は極めて高かった」と指摘。「妨害により生じた事故の危険性が現実化した」として、危険運転致死傷罪が成立すると結論づけた。弁護側は「時速20~30キロは必要。停車後に発生した事故には適用できない」と無罪を主張していた。

判決によると、石橋被告は昨年6月5日夜、萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=、妻友香さん(当時39)ら一家4人が乗るワゴン車の前に割り込み、減速して接近させる妨害を4度繰り返した末、追い越し車線で停車させて嘉久さんに暴行し、追突事故を引き起こした。

判決は、石橋被告が山口県で妨害運転により計3台の車を停車させ、車体を蹴ったり運転者を降車させようとしたりしたとして、器物損壊罪と強要未遂罪の成立も認めた。
(引用:Yahooニュース)

石橋和歩被告プロフィール


(引用:Yahooニュース )

■名前:石橋和歩

■年齢:26歳

■居住地:福岡県中間市扇ケ浦

■職業:建設作業員

本当に悲惨な事件で胸が痛みますよね・・・
残されたお子さんたちが本当に哀れでなりません。。。

石橋被告はこれまで事件後にも世間を驚かせる言動で本当に反省しているのか??とネット上でも炎上騒ぎとなっています。
■事故後の実況見分ではあくび連発
■被害者家族に
「お父さんとお母さんを死なせてしまって申し訳ないと思うけれど、この事故がなければ、彼女と結婚する予定でした。自分が支えていきたいので、この事故のことをお許しください」との内容の手紙を送っていた
■取材を申し込んだ報道陣に対し「俺と話したいなら30万円払え」とした手紙をよこしてきた
などなど・・・
本当に反省しているのか??
心のどこかで「自分は殺すつもりなどなかったのにたまたま不運が起きただけだ」としているのが見えすぎているようにも取れますよね。

この事件以前にも複数回にわたり運転に関する事故を起こしてきたとされる石橋被告。
そんな彼のことをよく知る知人たちは
「女がいると態度が変わる」と話しているそうです。

コンビニの店員さんも「普段は普通なのに。女性を連れているとレジが遅いとキレられて小銭を投げつけられたことがあった」と証言しているものもありました。
強い自分を見せたいと思う現れだったのでしょうか。。。

スポンサーリンク



石橋被告はいじめられっ子だった!!

そんな石橋被告ですが学生時代の友人達は「口数が少なくいじられキャラだった」と話している人が多いようです。
学生時代にはいじめのようなものも受けていたそうで、その衝撃画像がフライデーに報じられました!!


(引用:FRIDAY)

このようなイタズラをされ、その後この写真を公開処刑として晒されていたと言います。
専門家によるとそんな彼だからこそ、
「自分より弱い立場の人間には強く出るところがある」
「虚勢を貼ろうとして攻撃的な態度に出た」
とされるのではないかと推測しています。

ネットの声

今回の懲役18年の判決を受けてネット上の声をまとめました。

『殺すぞ』とか『高速道路に放り出すぞ』みたいなこと言ってたんでしょ。それって、殺意があったと言えないのかな。
殺す、高速道路に出すって言ってるのだから高速道路上は危険で死ぬ可能性があることは認識出来てたのではないのか。
それなら未必の故意は該当するのではないかな。
殺人で裁判にかけて欲しい。
もちろん求刑は死刑で。

危険運転認定に認定されたことは判りますが、両親は戻ってきません。
ハッキリ言って、日本の司法の甘さに絶望した感じです。
でも、挫けてはいけません。我々には、その司法の甘さを是正する権利があります。
この事件に関連したコメントを拝見し、多くの人が「18年は甘すぎる」と怒っています。私もその一人です。
二度と、こんな悲劇を繰り返さないように、罰則を厳しくする必要があると思います。

「高速道路に停車」する事は「運転」だと解釈すべきだと思う。よって「危険運転」を行なったと解釈すべきであると思う。そこがとても残念。
彼に殺意がある事も認められるので、殺人も認められると思う。ここが非常に残念。

加害者は後続のトラックにはねられず、被害者だけがはねられましたよね。
高速道路上で車にはねられたら、死ぬ可能性があることは加害者も認識あったと思います。
なのに、後続車にはねられる可能性のある場所に、被害者を立たせておいた。
素人目には、立派な殺人だと思うのですが…。

減刑されると違う輩もそれが当たり前と思う。
しっかりとした懲罰を与えるべき。
模範になればまた、減刑される。
出て来て44歳なら同じ事をしてしまう。
人生無駄にしたと思うくらい入れるべき。

まとめ・感想

いじめがあったとしたらそこに同情の余地はあったのかもしれませんが、それとこの事件は全く別物です。
どんな理由があるにせよあおり運転で人の命を脅かすようなことがあってはいけませんし、反省をしなくてもいい訳でも決してありません。
今残された家族がどんな辛い思いを背負っているのかをしっかりと重く心に止めてくれることを願いたいです。。。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする