一条高校野球部の体罰監督は細井俊佑!!生徒の耳に洗濯バサミなどの体罰の内容がやばい!!

奈良市立一条高校の教諭が体罰や不適切な発言をしたとして戒告の懲戒処分を受けていたことが明らかになりました。一条高校野球部の監督としても指導をしていたのは誰!?名前は??その体罰内容やばい!?内容についてまとめました

スポンサーリンク



事件概要

奈良市立一条高校の教諭が体罰や不適切な発言をしたとして戒告の懲戒処分を受けました。この教諭は生徒に「死ね」などと発言したことが明らかになっています。

戒告の懲戒処分を受けたのは、奈良市立一条高校の28歳の男性教諭です。市の教育委員会によりますと、野球部の監督をつとめていたこの教諭は、7月に試合後のミーティングで2年の男子生徒に「言い訳し続けて死ね。学校をやめろ。」などと発言したといいます。また同じ生徒に対して授業中には、質問に答えられなかったことから教室にあった洗濯ばさみを自分の耳にはさむよう指示していました。ほかにも去年、野球部員25人にグラウンドで正座をさせており、うち1人が足首のじん帯を損傷するけがをしていました。保護者からの連絡で事態が発覚し学校はすでにこの教諭を監督から外しており、教育委員会が、きのう付けで戒告の懲戒処分にしました。教諭は「部員との信頼関係があると過信してふざけてやった。申し訳ない。」と反省しているということです。
(引用:Yahooニュース)

細井俊佑教諭のプロフィール

■名前:細井俊佑

■年齢:28歳

■職業:一条高校教諭/野球部監督

現在、顔画像などは断定できる情報が明らかになっていませんが、調査中ですので明らかになりましたらこちらに添付いたします。
2016年の4月から野球部の監督に就任したと言います。
そこにこんなエピソードが…

今年4月に就任した細井監督はそれまでコーチだった。1年生の時の担任で、コーチとして親身になって教えてくれた。
監督になったとたんに厳しくなった。「おまえらは気持ちが一つになってない」。叱られ続けた。練習内容も走り込みばかり。春の県予選の前なのに、「これでいいのか」。奥田君は仲間に不満を漏らした。
だが、その県予選の天理戦では守備の連係ミスが続いて7回コールド負け。「一つになってない」という言葉の意味を実感した。そこからチームは自主練習の量を増やし、練習でも大きな声を出すように。
細井監督は奥田君の盗塁失敗を、「失敗を恐れずに、よくやってくれた」とねぎらった。奥田君は「思いっきりやれた。先生ありがとうございますと言いたい」と笑顔を見せた
※2016年7月
(引用:バーチャル高校野球)

ここに一枚の写真がありました。


(引用:バーチャル高校野球)
このエピソードに添えられていたので、手前の選手がこのエピソードを語った奥田くん、後ろのベンチにいるのが細井監督と考えてもおかしくはないですが現在は断定ができない状況です。

このようなエピソードから考えると厳しさを愛と感じている生徒もいたのかなと思いましたが、実際は悩んでいる生徒が多かったのですね。
ご家族の連絡で発覚ということですから、生徒さんが親御さんに相談したのでしょうか。

体罰内容がやばい

今回問題となっている体罰内容は
♦︎言い訳し続けて死ね。学校をやめろ。と暴言を吐く
♦︎授業中には、質問に答えられなかったことから教室にあった洗濯ばさみを自分の耳にはさむよう指示
♦︎野球部員25人に練習試合後にグラウンドで正座(うち1名が足首の靭帯損傷)

これは指導とは言えないですよね・・・。
細井教諭はこれについて「部員との信頼関係があると過信してふざけてやった。申し訳ない。」「感情的になった。ふざけてやった」と話しているそうです。

ネットの声

教師としてとかの前に人間としての問題!
指導する者がこんなんでどうする?
採用試験の変更も検討すべき!

教師だってふざけることはあると思います。だけどそのさじ加減というか、良い悪いのラインを見極められない人いるよね。感性というかセンスというか、こういう人は何やっても周りを不快にさせる。自分自身のこと気付いた方がいいよ、ダメ教師だと。

昔から問題があったみたいですね!

いまどき「死ね」なんていうかね!
自分のこと何かと勘違いしてるとしか思えない。

ふざけてやったとか、それじゃ全然ダメ。

まとめ・感想

体罰やパワハラがなかなか消えないですね。
以前はOKでも今の時代背景ではだめということも多いと思います。
もちろん厳しい指導がダメなわけではないですが、自分が後ろめたくなるような指導は良くないですよね・・・。
しっかりと反省してほしいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 卒業生 より:

    写真のベンチに立っているのが細井教諭で間違いありません。監督になる以前からひいきや嫌味がひどく、自分の気に入らない選手に対しては必要以上に冷たいなど、問題の多い教諭でした。

    • 生徒 より:

      あんなに親身になって熱くご指導していただいたのに、そんな風にしか感じられなかったんですね。
      あなたは恥ずかしい先輩ですね。

  2. 在校生 より:

    とても熱心に指導してくださる、素晴らしい先生です。
    ただ、熱心すぎる所もあり、今回問題になったんだと思います。
    どんな選手でも責任のある、人としての成長を1番に掲げられており、その信念を一度もブレるなく3年間ご指導いただけたことにとても感謝しております。
    正座の件も、選手が座って話を聞く時にたまたま正座をしていただけです。強制ではありませんでした。
    洗濯バサミも本気で罰として「耳にはせめ!!」なんて怒ってません。(もし怒ってあとしたらだいぶおかしい人でしょうが)
    なんでもマスゴミに流されないで、良く調べた方が良いですよ。
    こんなインターネットで名前を晒して何になるのでしょうか。