大阪府枚方市山本一家心中の自宅場所を特定!!長男は部屋に鍵をかけ通報

1日未明、大阪・枚方市の住宅で親子3人が血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。
異変を感じた長男が警察に通報し事態が発覚したとされています。
事件の起きた自宅を特定。
事件の内容をまとめました。

スポンサーリンク



事件概要

1日未明、大阪・枚方市の住宅で親子3人が血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認された。
警察は、無理心中の疑いがあるとみて調べている。

午前3時前、大阪府枚方市片鉾東町の住宅から、「部屋の外で叫び声がする」と警察に通報があった。

警察が駆け付けると、この家に住む山本潤さん(48)と妻の佐和子さん(49)、娘の莉佐さん(20)が胸や背中などを刺された状態で倒れていて、病院に運ばれたが、死亡した。

この家には、通報した16歳の息子もいたが、けがはなかった。

警察によると、当時、玄関には鍵がかけられていて、部屋が荒らされた形跡はなく、階段の踊り場で倒れていた潤さんの近くで、凶器とみられる刃物が見つかったという。

こうした状況などから、警察は、無理心中の疑いがあるとみて調べている。
(引用:Yahooニュース)

事件が起きた場所は!?


(引用:Yahooニュース)
事件が起きたのは大阪府枚方市片鉾東町の住宅街だとされています。
ニュースの画像を元に場所を調査したところ山本さんの自宅場所を特定しました。

住所:大阪府枚方市片鉾東町30 付近

この自宅に山本さんご家族が住んでいたとされています。

スポンサーリンク



事件の動機や状況は!?

詳しい動機や状況は現在公開されていませんが、どうやらこの家に住む山本潤さん(48)による無理心中だとされています。
この一家は
♦︎山本潤さん(夫)
♦︎山本佐和子さん(妻)
♦︎山本莉佐さん(20)
♦︎長男(16)

の4人家族だったようで、長男以外の3人は全員胸や背中などを刺され搬送先の病院で死亡しました。
この時、下の階での異変に気づいた長男は部屋の鍵をかけ、警察に通報。
「部屋の外で叫び声がする」と通報して警察が駆けつけたところ、3人が刺された状態であったと言います。

1人取り残される形となってしまった長男の精神状態も心配です・・・。
本当に計り知れないほど辛い悲しみを背負う形となってしまいました・・。

ネットの声

無理心中らしいね、他に方法が無かったのかな。
皆まだ若いのに…
残った息子も辛いな。

最悪の手段、殺めた上、自死する位の根性があるなら他に幾らでも解決方法はあったはずなのでは?

無理心中・・。そこに至るにはもちろん他人にはわからない悩みが合ったのだろうとは思う。
思うけど、子供はもう20歳と16歳。その気になったら子供たちだけで生きていけるのに、20歳の子供に何か問題でもあって、それを思い悩んでいたんだろうか?
だいたい「かわいい子供を置いて自分たちだけ死ぬのは不憫」というのが子供を殺す理由だと思うけど、何が理由だったのだろう・・。
残された16歳の男の子もものすごい大きな心の傷を負って生きていかなきゃいけないのに。

息子かわいそう…娘も成人してるんだから相談すれば良かったのに。

父親に何があったか知らないけど、家族を道連れにするなんて身勝手過ぎて同情できない。
息子を最後に残したのは、1人でも生きていけるだろうと判断したのか、部屋に逃げ込んだから諦めたのか、、。
遺書などがなければ、息子も心中の理由がわからず、母親と姉を殺した父親を一生恨み苦しみ続けることになる。遺書があっても納得はいかないだろうけど、1人生き残っても精神的に地獄かもしれないと思うとかわいそう。
せめてどちらかの祖父母が健在で、独り立ちするまで寄り添ってくれたらいいなと思う。

8歳までは学校という居場所があるわけだけど、
学校を卒業したら行くところなんてどこにもないわけですよ。
施設とか作業場とか、そんなもんどこにも空きはないわけです。
医学は進歩しましたが、
精神障害者の扱いに関しては全く進歩しておりません。
以前、中世のままです。
娘も父も母も息子も、登場人物皆気の毒です。

まとめ・感想

本当に悲しい事件ですね。
残された息子さんはが心配です。
どうか気を確かに持ってまだまだ若いですから周りの手も借りながらしっかりと育って欲しいなと思います。
亡くなられたご家族のご冥福をお祈り申し上げます。

自殺関係のニュースはこちら▼
宮城県工業高校自殺生徒の担任は誰!?日常的に罵声を浴びせる暴言教師だった!?

大本萌景の契約内容がブラックすぎる!!毎日10時間以上の拘束で月給3.5万円!!

川口戸塚中サッカー部で自殺未遂のいじめか!?学校側の対応に問題も

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする