蓮沼康之の勤務先は滝の沢小学校!!覚醒剤所持の最低教師だった!!

覚醒剤と大麻を所持していたとして神奈川県藤沢市の小学校教諭、蓮沼康之容疑者が逮捕されました。蓮沼容疑者の勤務先小学校は滝の沢小学校だったようです。場所や事件の状況について調査してみました。

スポンサーリンク



事件概要

自宅で覚醒剤と大麻を所持したとして、神奈川県警戸塚署は3日、覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(所持)の疑いで、神奈川県藤沢市立滝の沢小学校教諭、蓮沼康之容疑者(43)=藤沢市善行=を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は3日午前、自宅で覚醒剤3袋と大麻2袋を所持した疑い。

署によると、「その通りです」と容疑を認めている。自宅マンションを調べたところ、台所から小型の袋に入った覚醒剤と大麻が見つかった。署は入手ルートや使用状況を調べる
(引用:毎日新聞)

蓮沼康之容疑者プロフィール



(引用:Yahooニュース)

■名前:蓮沼康之

■年齢:43歳

■居住地:藤沢市善行

■職業:小学校教諭

顔画像が特定されました!!
蓮沼容疑者は保護者や教職員の間でもとても信頼を置かれる教諭であったそうです。
それだけにとても残念な事件ですね・・・。

勤務先の小学校は滝の沢小学校!!

蓮沼容疑者が勤めていたのが神奈川市立藤沢市立滝の沢小学校だとされています。
住所:〒252-0816 神奈川県藤沢市遠藤

こちらに勤務していたようであります。こちらにお子様を通わせている親御さんは本当に不安になりますよね。
現在は所持が明らかになっていますが服用していた場合は通常の状態で教育ができていたとは思えないですよね。。。
本当に考えられません。

ネットの声

もう世も末だな…

毎日のように報道される教師の逮捕。
強姦、薬物、窃盗、ワイセツ、ロリコン、変態とあらゆる犯罪を犯しているが、頭数揃えるために、他の学区にいけば、その前科は不問され同じ様に教師の職に就き、また同じ罪を犯す。
ICTが発達した今、もうこの繰り返しから真剣に脱却を考える時期にきている。
ICTを利用した遠隔授業を履修と見なすようにすれば、
各学校、各クラスに教師を貼り付けるための頭数はいらず、更には、遠隔授業へのアクセス数によって分かり易い授業をする教師を選別することもできる。

ブラック勤務環境市場はまだまだあるって事でいいのかな?

私の地元でもあります。残念なことです。生徒への影響が気になります

まとめ・感想

本当に残念な事件が続きますよね・・・。
教師である人物が覚醒剤を所持して子供に教育をしていたと考えるだけで、おそろしいです。
小学校でも「薬物はだめ」っていう授業なども行われますよね。
一体どういう風に感じていたのでしょうか・・。
本当にしっかり反省してほしいです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする