イージー蓮見の性格やネタが酷すぎる!?JOYと絶縁のその理由や出来事とは!?

12/15にタレントのJOYさんがTwitter上に後輩芸人と縁切りを宣言するツイートを投稿しました。
その相手は誰だか明らかになっていなかったのですが、相手がイージー蓮見だと発覚しました。
イージー蓮見の性格やネタが酷すぎる!?
JOYが絶縁を宣言した理由とは??

イージー蓮見さんとJOYさんについて調べてみました。

スポンサーリンク



イージー蓮見プロフィール


(引用:Twitter)

■名前:イージー蓮見(小前澤友作)

■本名:蓮見太一

■年齢:1986年7月2日

■32歳

■出身地:東京都文京区

■学歴:静岡産業大学卒業

■職業:お笑い芸人

■所属:吉本興業

現在芸人として活動していますがまだ無名であり細かな情報があまりありませんでした。
ただ学生時代はサッカーに打ち込んでいたようで、
静岡産業大学へもサッカーの推薦で入学したのでは?と言われるほどの実力者であったようです。

JOYともサッカーつながりで出会ったとされており、
JOYさんが主催する「FCゴースト」にも参加したことがあったと言います。

イージー蓮見のネタや性格は!?

イージー蓮見さんですが芸人さんということですからどんなネタをやっている方なのかを調べてみました。

どうやらZOZOタウンの前沢社長のモノマネをして「小前澤友作」としているものがメインなのかもしれません。

あとはこのような笑顔のままの動画がツイッター上に複数挙げられていましたw

ちなみに芸名にもあるようにコンセプト?としては「難しいことを簡単に」としているそうで、ツイッター上には
「かんたーん」の言葉がよく並んでいます。

JOYと絶縁になった出来事や理由とは??

JOYさんが絶縁を宣言したツイートはこちら▼

これについて世間ではこの後輩芸人が誰なんだ??となったわけですね。
このようになった原因としては様々な憶測が述べられていますが、現在のところ明らかにはなっていません。

ただいくつか挙げられている内容としては
・先輩ヅラをするJOYをうっとおしく思うようになった
・飲みに行こうと誘うJOYに対し、芸を磨きたいイージーさんが断り続けた
など仕事の内容というより、プライベートで起きた内容のようにもかかれれていました。

それにしてもここまで怒らせてしまっていますから何かやらかしてしまったのでしょうね・・・

ちなみにJOYさんのツイートを受け、26日にイージーさんもツイッターを投稿しています

しかしこのツイートに関しても世間の声はだいぶ厳しい声が寄せられていました。

このコメントの内容を読むだけでJOYが絶縁したのも分かる気がする。
名前を明かされて知れ渡ったことに浮かれて(それを利用しようというズ太さも売れるためには必要だろうけど)既に天狗になってるような感じがする。

『国民の皆様』てとこと『このようなことが、あまり無いように』てとこに違和感感じる。別に興味無いんだけど・・・・どちらにもね

イージー蓮見って誰やねん、ほんでEXITの兼近も誰やねん。内輪もめは内輪で解決したらいいし、ただただJOYの高感度が下がっただけ。

謝るのは関係者だけでいいんじゃない?
当事者の問題なんだし、国民には迷惑かけてないと思うけど

国民の皆様は全然知らないから心配してませんよ。
国民の皆様は寒波の方が心配だと思います!

別に国民のみなさんはなにも迷惑かかってないし興味ない人が大半だと思うが。この人は自ら謝罪することで名前が知られることに便乗しましたね。

イージー蓮見は性格がやばい!?

そんなことでイージー蓮見さんは性格が悪いのでは??という声もネット上で上がっていました。
JOYさんのツイートにも「」

『あいつは絶対恩も返さないで適当になるぞ』ずっと前からそう予言してた先輩の言葉を信じなかった自分が恥ずかしい。

とあるようにこれまで礼儀などをあまり重んじてこなかったのでしょうか??

また性格がひどい、悪いと言えるほどのエピソードもあまりなかったのですが、

このようにニュースを取り上げて煽っているようなところを見ると、
仕事という意識もあるのかもしれませんが、あまり反省している、真面目、良い性格というイメージからは少しかけ離れるような・・・

また何かイベントのお別れ会で泣いて手紙を読む人に対して、
「引いた」
という発言をしたなど、ん!?という部分もあるのかなと思います

まとめ・感想

まさかのきっかけで名前が出てきたイージーさん。
このままうまく波に乗れればいいですが、まずはJOYさんとの仲が回復するといいですね。
また自分が悪いことをしてしまったならまずはちゃんとお詫びするところからスタートして行っって欲しいなと思います。
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする